【映画の感想】酷評されていたミュージカル映画「CATS」をおっかなびっくり観てきたよ

拍子抜けした。
酷評している人たちは、舞台「CATS」を観たことがない人たちだと思う。
ミュージカルCATSを真面目に映画化しようと頑張ったに違いない。
CATSが好きな人は、酷評に惑わされずに行っても良いと思う。

とは言え、素晴らしい映画だったか?と言われると、否定せざるを得ない。
舞台版CATSを観た事が無い人には、絶対におすすめしない。
「舞台を観た事がある客しか楽しめない」作品は、映画としては成り立っていないんじゃないだろうか。

※以下、ネタバレを含む感想です。
※私は劇団四季のキャッツを2回ほど観ただけで、キャッツの大ファンでもヲタでもないです。あくまで「好きなミュージカルの一つ」くらい。

Screenshot_20200127_233230.jpg

CATS映画化のニュースを見たとき、何故よりによってCATSを…?と単純に疑問だった。名作ミュージカルなのは間違いないけれど、映画向きとはとても思えなかった。
映画を観た今でも、全く同じ疑問がぐるぐるしている。いったい、何がしたかったんだろうか…。

映画と舞台は通常、観客に求めるものがかなり違う様に思う。
舞台では、表現しきれない部分を、観客の想像によって補う事はごく普通だ。戦闘シーンで流血が無くとも、空のコップから酒を飲もうとも、人間が動物を演じようとも、舞台では普通だ。

でも、映画ではそうじゃない。
スタントやCGや特殊メイクや、その他さまざまな特殊な技能を駆使して、リアルな世界が広がるのが普通だ。
実写版ライオンキングでライオンを演じるのは人ではない。リアルさながらのCGだ。

そこが、今回の映画CATSの酷評の最大の原因だと思う。
猫たちは、だれがどこからどう見たって、「人間」だった。舞台ではごく当たり前の「人間が演じる猫」は、映画の世界では普通じゃない。
正直に言うと私も、最初のうちは、「いったい私は何を観ているんだ…?」とかなり混乱した。

人面猫が歌って踊る様に慣れ(実際、あのビジュアルにも意外とすぐに慣れた)、「これは映画ではない、ミュージカルだ。」とよくわからない納得の元に観れる様になると、別の違和感が生じる。妙にリアルでなめらかに動く、猫耳と尻尾だ。
「映画ではなくミュージカル」で、「リアルな猫ではなく人が演じている」のだとすれば、ダンスパフォーマンスはCATSの最大の見どころの一つのはずだ。…が、リアルな猫耳と尻尾、ふさふさの体毛のおかげで、何がCGで何が人間なのか、境界がぼんやりする。演出にもちょいちょいCGだったり特殊効果を入れて来るおかげで、純粋にダンスを堪能するのが難しい。そもそも、カメラワークがダンスを堪能できるようになっていない。

CATSはちょっと特殊なミュージカルだと思っていて、ほとんどストーリーらしいストーリーが無い。
猫たちが歌って踊って、それぞれの生き様を披露していく。ちょっとレビューショー的な構成だ。いっそそこに徹して、パフォーマンスを楽しませてくれても良かった様に思うのだけど、一応ストーリーを付けたかったのか、そういう感じでもない。

そして私にとって、ミュージカルCATS最大の魅力は独特の「没入感」だ。
観客も猫の目線になれるよう工夫された舞台セットや客席の装飾、通路を行き交う猫たちの目力、会場全体を包み込む空気感…。
引き込まれる。あの感覚は、他の舞台ではなかなか味わえない。
そして残念ながら、この映画でも全く味わえない。

この映画は結局、ミュージカルCATSの映像化でしかなくて、映画としては成立していないし、本家のミュージカルには及ばない。

…こんなに酷評するつもりは無かったのだけど、書き出したら思ったより批判的になってしまった。
観てよかったとは思ってるんですよ。とにかく音楽が素晴らしいしね。映画館の音響で聞けたのは、本当に良かった。

ヴィクトリアの可愛らしさと無垢な心に癒されるし、ミストフェリーズこんなにかわいかったっけ??ってなったし。めっちゃ無茶振りされても一生懸命で可愛い。かわいそうだったけど可愛かった。
マキャビティって舞台でもあんなに目立つんだっけ??手下たちも含めてみんな魅力的だったな。

ヴィクトリアをメインに据えて、他所からの捨て猫がジェリクルキャッツの世界に触れ、仲間になっていく…というふんわりしたストーリーがあるので、舞台版よりはほんのちょっとわかりやすくなっていた気はする。

ミュージカルCATS観た事無いのにうっかりこの映画を観て衝撃受けちゃった人、是非懲りずに劇団四季に行ってみて下さい。このミュージカルの良さは、残念ながら映画では分からないと思う。
CATSが好きで映画気になるって人、止めはしないけど、たぶん、劇団四季に行った方が満足度高いです(笑)

結論:四季のキャッツが観たくなりました!(笑)

この記事へのコメント